2017年06月14日

血湧き肉躍る


18:00、仕事を蹴散らかして、ドキュメンタリ映画を観るため
一目散に恵比寿へ向かう。


http://www.warau101.com
『笑う101歳 x 2   笹本恒子 むのたけじ』




笹本恒子さん 現在102歳。 
お洒落で、自分のスタイルがあって、私の好きなカメラを職業にしていて、
(日本人女性初の報道写真家)
なんと言っても、私と同じ誕生日の9月1日生まれ。


むのたけじさん 笹本さんと同い歳。
昨年8月老衰のため死去。
戦争はダメー!を独自の言葉で訴え続けたジャーナリスト。
100歳を超えてあの声の大きさは、こちらが目覚める。
この声の張り、私は見習うべき。




もともと私は、笹本恒子さんに興味があり、
そして彼女が撮った女性たち(宇野千代さんなんか、
私は大・大・大ファンであり、鈴木真砂女さんも憧れの境地。)
の伝記本も以前から読んでいて、
”日本人女性たち、あっぱれ!” と思っていた。

だからこのドキュメンタリは絶対見るのだ、と。




まだまだ私には、知らない、知るべき世界がたっくさんあるように思う。
血湧き肉躍る。
そんなドクドクと熱い気持ちにさせてくれた映画であった。

”東京都写真美術館”という私の大好きな場所であれ、
平日という今夜、映画館内には客4人のみ。

誠に至福な時間と空間。




posted by Luna Reina at 23:02| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする