2017年10月09日

すまほ



時代遅れな私。

どこへ行くのにも、住所がわかりさえすれば、
その住所から地図帳で目的の場所をあらかじめ頭の中に入れ、
現地では、電柱や建物の壁に貼り付いている
住所表示のプレートを覗き込んだりしていた。
つい最近まで。


と言いますか、元来、こんな風に
街歩きを、地球を平面に考えて
自分が鳥になって大空の上から見ている感じが好きで。
地図読みが好きで、手に機械を持たなくても
自然に私の中に鳥瞰図があった。

だからガラケーで十分であった。

それが、押し寄せる時代の波に飲まれてしまって
ガラケーもついに手放すことになってしまった。


時代遅れな人間は、それはそれで幸せだったんだけど。





新しいスマホ、一番使う機能は大好きなカメラかな、
と思っていたが、これがなかなかうまく撮れず。


やっぱり私は一眼レフカメラの方が手にしっくり馴染むらしい。




久々に一眼レフで600枚も撮った日。
何よりも一緒だった仲間の顔がよくて、
本当によくて、
ついつい何枚もシャッターきってしまった。



IMG_0142 (1).jpg
みんなで甘酒でひと息。



IMG_0295.JPG
みんなで見た夕日。



IMG_0480.jpg
みんなでシーシャ吸った異国情緒満載なお店の天井。




すまほ、いつか使いこなせるようになるのだろうか。。

しかも、このはぽん通信、すまほで見る画面がPCで見る画面と全然違う。
今更ながら初めて知った。泣。
PC版の方がシンプル&見易いか。






posted by Luna Reina at 23:16| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年10月08日


実家の近くに、それはそれは素敵なレストランができたらしい。
どうしても行ってみたくって、
仲間たちに声をかけてみた。

その日、その近くでマラソンのレースがあるから、
その帰りに一緒に行ってくれる?
と同じレースに出る友人たちに。

皆気持ちよくOKしてくれたはいいものの
私が予約の電話を入れたらお店の人に言われた。
「雰囲気を大切にするために、ぜひ襟付きのシャツを着用してください。」


え?


ビールを楽しむために行くのに
こういうドレスコードがあるのも面白い、と思い
動揺しながらも友人たちにその旨伝えると、
ランニング好きな人たち、襟付きなんて持ってない、どうすればいい?
短パンダメ?サンダルダメ?と、やんや、やんや。

私も持ってないよー


一応襟がついていれば、あとは比較的自由を伝えるために絵で説明してみた。

Sin título.jpg



かくいう私も、襟とは無縁な感じの服ばかりなので
就職活動で着ていた、たった一つの白いブラウスで
美味しいビールと食事を楽しんだ。



人間、襟がつくだけで、なんかこんなにも違って見えるのですね。
皆いい感じであった。




posted by Luna Reina at 23:34| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

山の日



小さな頃から、海よりも山に縁があるらしい。
育ったところは、山がはじまる場所だったし。

牧丘.png





IMG_2577.jpg
走り始めたとたん、熱中症。
ここの門の前で、ふらふらひとり、
水をかぶって体を冷やす。





IMG_2612.jpg
やっと皆に追いつく、旧東海道。





2017-07-24 07.54.00.jpg
夏はいつだって晴れてほしいものなのに





2017-07-29 13.39.00.jpg
今年は雨多し。





IMG_2983.jpg
それでもまた、葡萄が色づき始める
季節がやってきた。





IMG_2958.jpg
やはりきちんと晴れてくれると、
山に囲まれた葡萄畑はこんなに緑色。
あっちの方に、すでに違う区画の畑へ
移動している仲間たちの姿が。。
 
追いつきゃなきゃ、急げ。





Desktop14.jpg
山走ったり、畑行ったり
私にとってエネルギー補給の、
大好きな場所と時間。



近頃、海、見てない。。。








posted by Luna Reina at 14:31| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

66 (野辺山ウルトラマラソン)



幼児の頃、熱が出た時に、
ふとももに解熱剤の筋肉注射を受けたことにより
四頭筋短縮症という、歩行や正座が困難になる病気にかかった。
1970年代の頃には社会問題にまでなった薬害。

私の歩き方が少しおかしいと、母がすぐに気づいてくれたおかげで
私は大人になった現在もだいぶ軽症だと思う。

ただ、引きずるように歩く・走る、直立した時に出っ尻であるというのは
小さい頃から変わらず、走り方も格好悪く、赤面モノである。
(中学生・高校生の頃は、好きな人の前で走るなんてとんでもなかった)



しかし、体の機能と心は別ものであるらしく
大人になって神経が図太くなったこともあり、
やっぱり歩いたり走ったりといったことが大好きな私は、
現在ウルトラマラソン(フルマラソン以上の長距離)まで走るようになっている!



フルマラソンは、海外の3レースを含め、10回以上完走している。
半分の距離のハーフマラソンは、制限時間が短いため
のんびり走ることができないので、ここ3年ぐらい出ていない。


やっぱり好きなのは、興味があるのは、ウルトラマラソンなんだと思う。
長丁場になるため、ドラマ満載の旅のようであるから。
走ったり、歩いたり、休んだり、復活したり、元気出たり。
その移り変わりがナカナカのもの。





また今年も野辺山ウルトラにエントリーしてから
私なりに半年間練習をがんばってきた。

昨年は、この四頭筋短縮症ランナーの私が、95kmまで行けたことに
自分が一番びっくりした。タイムオーバーとなり収容されてしまったが、
14時間もロード上で旅してたのだから。

今年はひょっとしたら、もしかしたら、
完走できる? 完走してみたい!如何しても完走したい!
もともと凝り性である私は
生活がまるで野辺山色になってしまうほど根詰める。



一緒に練習できる仲間たちがいることも魅力。
峠走の登り下り坂はもちろん、土砂降り雨の中も桜咲く中も走った。
座学で色んなコツを教えて頂いた事もあったし、
健康管理にも気をつけてきたつもり。




Desktop12.jpg
貧血にならぬよう肉・魚は多めに。胡麻も、海藻も。
『人は喰わないと力が出ない』




ヘパリーゼ.jpg




しかし本番2週間前になって、
練習中後数キロで50km到達というところで、少々体調を崩し
それがレース当日までトラウマのようになってしまった。
1週間前など、3km走っただけで同じような状況になった。

その上、前夜は目が冴えて冴えて一睡もできず。。。
結局、バカみたいに一生懸命になりすぎたのかも。
心が弱かったのかも。悔しいけれど。


当日は、とにかくスタートに立てただけでも良い、
完走どころか、ゆっくりでもいいから、行けるところまでで良い。

せっかくみんなと今まで一緒に練習してきたのに、
私一人で没落も勿体無いと。




今年のレースは、最高気温が27℃まで上がるなど、
誰にとっても厳しいレースとなり、リタイヤする人が続出。

その中で、「大丈夫ですか?」「無理してないですか?」
「眠いですか?」「ここは歩いた方がいいんじゃないですか?」
「やめますか?」「続けますか?」と自問自答を続けた10時間。



野辺山2017 copia.jpg
結果、66km地点でタイムオーバー。
約4,000Kcalのエネルギー消費。



もしかしたら3kmかもしれない、
もしかしたら20kmもいかないかもしれない、という
無理はできない状態のスタートだったけど、

終われば具合が悪くても66kmまで行けてしまった、という
変な自信と安堵感。

せめて自分からは「もうここでやめます。」とリタイヤしたくなかったので
完走はできなかったけど、やりきったという達成感。



しかし、全体の完走率が50%を割った中、
チームの仲間たち(18人の合宿状態)の半分以上が完走した。
すごーい!スゴーイ!
あの重いメダルだけの価値があった彼らのがんばり。





日々この日の事が遠くなっていくにつれ、

あそこまで根詰めて緊張しなくても良かったのではないか、
もっとリラックスしてれば、少なくとも
もっと走れたのではないか?という心持ちになってくるから不思議である。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。。。



四頭筋短縮症だからって関係なーい!!
やっぱり一回は完走してみたいよなー、 100km。

私にとっては、”一生にやってみたいことリスト”の中の一つ。





posted by Luna Reina at 23:12| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

showa



新緑

自転車

鼻歌



新緑・自転車・鼻歌.jpg



毎年変わらない、

昭和演歌で昭和の日。











posted by Luna Reina at 23:36| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする