2017年05月31日

66 (野辺山ウルトラマラソン)



幼児の頃、熱が出た時に、
ふとももに解熱剤の筋肉注射を受けたことにより
四頭筋短縮症という、歩行や正座が困難になる病気にかかった。
1970年代の頃には社会問題にまでなった薬害。

私の歩き方が少しおかしいと、母がすぐに気づいてくれたおかげで
私は大人になった現在もだいぶ軽症だと思う。

ただ、引きずるように歩く・走る、直立した時に出っ尻であるというのは
小さい頃から変わらず、走り方も格好悪く、赤面モノである。
(中学生・高校生の頃は、好きな人の前で走るなんてとんでもなかった)



しかし、体の機能と心は別ものであるらしく
大人になって神経が図太くなったこともあり、
やっぱり歩いたり走ったりといったことが大好きな私は、
現在ウルトラマラソン(フルマラソン以上の長距離)まで走るようになっている!



フルマラソンは、海外の3レースを含め、10回以上完走している。
半分の距離のハーフマラソンは、制限時間が短いため
のんびり走ることができないので、ここ3年ぐらい出ていない。


やっぱり好きなのは、興味があるのは、ウルトラマラソンなんだと思う。
長丁場になるため、ドラマ満載の旅のようであるから。
走ったり、歩いたり、休んだり、復活したり、元気出たり。
その移り変わりがナカナカのもの。





また今年も野辺山ウルトラにエントリーしてから
私なりに半年間練習をがんばってきた。

昨年は、この四頭筋短縮症ランナーの私が、95kmまで行けたことに
自分が一番びっくりした。タイムオーバーとなり収容されてしまったが、
14時間もロード上で旅してたのだから。

今年はひょっとしたら、もしかしたら、
完走できる? 完走してみたい!如何しても完走したい!
もともと凝り性である私は
生活がまるで野辺山色になってしまうほど根詰める。



一緒に練習できる仲間たちがいることも魅力。
峠走の登り下り坂はもちろん、土砂降り雨の中も桜咲く中も走った。
座学で色んなコツを教えて頂いた事もあったし、
健康管理にも気をつけてきたつもり。




Desktop12.jpg
貧血にならぬよう肉・魚は多めに。胡麻も、海藻も。
『人は喰わないと力が出ない』




ヘパリーゼ.jpg




しかし本番2週間前になって、
練習中後数キロで50km到達というところで、少々体調を崩し
それがレース当日までトラウマのようになってしまった。
1週間前など、3km走っただけで同じような状況になった。

その上、前夜は目が冴えて冴えて一睡もできず。。。
結局、バカみたいに一生懸命になりすぎたのかも。
心が弱かったのかも。悔しいけれど。


当日は、とにかくスタートに立てただけでも良い、
完走どころか、ゆっくりでもいいから、行けるところまでで良い。

せっかくみんなと今まで一緒に練習してきたのに、
私一人で没落も勿体無いと。




今年のレースは、最高気温が27℃まで上がるなど、
誰にとっても厳しいレースとなり、リタイヤする人が続出。

その中で、「大丈夫ですか?」「無理してないですか?」
「眠いですか?」「ここは歩いた方がいいんじゃないですか?」
「やめますか?」「続けますか?」と自問自答を続けた10時間。



野辺山2017 copia.jpg
結果、66km地点でタイムオーバー。
約4,000Kcalのエネルギー消費。



もしかしたら3kmかもしれない、
もしかしたら20kmもいかないかもしれない、という
無理はできない状態のスタートだったけど、

終われば具合が悪くても66kmまで行けてしまった、という
変な自信と安堵感。

せめて自分からは「もうここでやめます。」とリタイヤしたくなかったので
完走はできなかったけど、やりきったという達成感。



しかし、全体の完走率が50%を割った中、
チームの仲間たち(18人の合宿状態)の半分以上が完走した。
すごーい!スゴーイ!
あの重いメダルだけの価値があった彼らのがんばり。





日々この日の事が遠くなっていくにつれ、

あそこまで根詰めて緊張しなくても良かったのではないか、
もっとリラックスしてれば、少なくとも
もっと走れたのではないか?という心持ちになってくるから不思議である。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。。。



四頭筋短縮症だからって関係なーい!!
やっぱり一回は完走してみたいよなー、 100km。

私にとっては、”一生にやってみたいことリスト”の中の一つ。





posted by Luna Reina at 23:12| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

showa



新緑

自転車

鼻歌



新緑・自転車・鼻歌.jpg



毎年変わらない、

昭和演歌で昭和の日。











posted by Luna Reina at 23:36| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2013-2016 旅とランニングの備忘録(2)


2015年 年明け。
未踏の土地、鹿児島。いぶすきマラソン。

20150111(029).jpg


20150111(052).jpg





指宿.jpg
他のランナーから何を言われても動じない、寡黙な車輪回し男。年齢不詳。
上手に輪っかをしゃりしゃり回しながら、フルマラソンを走っていた。






鹿児島市内。
20150113(046).jpg

20150113(047).jpg
この3人だって走っている!






IMG_7740.jpg
そのいぶすきマラソン翌日、宮崎県・青島神社へ。南国だ。






2015年真冬
寒い日、大勢で奥武蔵を走っていたら雪が降り始める。

IMG_8006 (1).jpg

”だいのおとな”である私たちが、最寄駅まで一目散に駆けってゆく姿。
昼ご飯直後だったのに、みんな速かったなー






2015年真夏
IMG_0649.jpg 
男体山




IMG_0466.jpg
みんなのシューズ






2015年秋
NEC_0027.jpg
世界遺産五箇山の宿。 
次の日トレイルなのに、囲炉裏のそばで日本酒が旨い。。




NEC_0021 (2).jpg
泥まみれのトレイルレース中、
ふと見上げれば神々しい木の美しさ。






東京の中もあちこち走る。
色んな坂道も知ったし、大東京観光総ナメ。


NEC_1278.jpg
お台場を走っている途中に、教えてもらった、
レインボーブリッジの中に丁度東京タワーがおさまる場所。






2015年12月
IMG_1885.jpg
マレーシアはマラッカへ。
明日はシンガポールでマラソンという日に、往復10時間のドライブ。
熱帯の国でのフルマラソンは、経験してよかった。気温30℃、湿度高。




NEC_1310.jpg
シンガポールマラソンの受付会場の壁。



NEC_1311.jpg
よく見ると、大会出場者の名前が。。感激であった。。






2015年年末
12435915_883670541753516_492719491_n.jpg
箱根駅伝5区走破。自分であの激坂走ってみて、
今まで興味なかった駅伝をしっかり見るようになった。






2016年葡萄収穫期
IMG_0271.jpg
クレイジー・フランス・メドックマラソン






2016年秋
IMG_1020.jpg
黄金の中のトレイル。






2016年晩秋
IMG_1100.jpg
別府。次の日は国東半島で、とみくじマラソン。






フルマラソンは毎回完走できてるけど、遅い。。






時にはレースに出ない、母と二人だけののんびりした旅もあった。
が、大概ひとりで何かしら走っていた旅が多かった。




レースは、そこで開催してるから出場するだけで、
本当はそれにかこつけて
その土地で感じたものをシャッターに切り、
旨い酒と食にありつき、
その土地に住む懐かしい友人達と会う、
というのが3つの大きな目的だったように思う。




意識を持って、どこかに行く!と思えば
本当にその ”どこか” に行けるのは幸せなことであった。




乗りものでの”移動”と、自分の足での”移動”に情熱を注いだここ数年。
インプットばかりでアウトプットができてない。




旅だ、旅だ、と云っているが、
今年も、家族との家族らしいやりとりがあり、
友人・仲間たちの中で、色んな大事なことに気づかされ、
毎日の労働の中で、どう私は道を見つけていくんでしょうか?
と途方にくれたり、
自分の感情にまだまだフリ回され続けた1年でしたわ。

来年は成熟させていかないと...




2017年もよろしくお願い申しあげます。




IMG_1480 (1).jpg
旅はまだまだ続くよ。ココロの旅がね。




posted by Luna Reina at 09:40| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2013-2016 旅とランニングの忘備録(1)


前回の話の続き。


世界に色んな事が起きて、ニュースがどんどん流れたり、
私も、一応真面目で善良な市民であるので、
毎日ちゃんと仕事したり、笑ったり泣いたり生きているわけだが。。



旅もしたいし、写真も撮りたいし、走りたい!



3年前、そもそも東京マラソンに ”魔がさして” 応募したら、
抽選に外れた。
なんだか異様に悔しくて、「私、走りたいの!」と強烈に思って
流れにのってきたら、走る部活入部にたどり着いた。


”魔がさす転じて福となる”  これ、時たま経験する。
昨日までは何も考えていなかったのに、
急に考えが浮かんだことって、結構、当たり!なことが多い。



2013年秋 東京
IMG_8099.jpg 

あっ、こうやって写真撮るのを、他の土地でやってもいいんだー




2013年秋 沖縄
IMG_3757.jpg




2013年秋 青森
IMG_4458.jpg 

そっかー、こういう他の土地で走ったっていいんだよねー



残りの13県をどう制覇するか?
旅とランニングが結びついた頃。






2014年春
IMG_1063.jpg
仙台藩初代藩主 伊達正宗さま
ハーフマラソン後の青葉城跡。




2014年初夏
IMG_1220.jpg
山形県・立石寺
翌日はさくらんぼマラソンなので、
山寺の1000段の階段を駆けのぼってウォーミングアップ。




2014年夏
20140727(032).jpg
遠くに富士。山中湖ラン合宿中。




2014年秋
IMG_5045.jpg
福井県・永平寺で一泊二日の寺修行体験。
その後南魚沼へ移動してコシヒカリマラソン。
修行中は精進料理だったので、
走ってる途中の大きな温かいおにぎりは最高であった。
(この時以来、ハーフマラソンは走っていない。
 もっと長いのが好きみたい。)





2014年冬
IMG_7253.jpg
朝の江ノ島。鎌倉ラン合宿中。




旅の背景には、何らかのマラソン日和がつづく。。。



posted by Luna Reina at 05:23| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ナイトハイク


前回のつづき。
その裸足がキッカケの、夜のハイキングについて。


先月、明日は満月という、月光の澄み渡る真夜中。
午前1時に東京西方の山梨県にほど近い駅で友人たちと落ち合う。


バックパックの中は、
一眼カメラ、ワイン一本、魔法瓶に入った熱い味噌汁などなど。


海外に行く時よりもかなり重い荷物。


を背負いながら、山道を登る。



昔、カリブで見たミルキーウェイとまではいかなかったけれど、
わさわさした日常から完全にはなれた、満点の星空。



そのうち、


ハイキングって言ってたのに、
やっぱり走りたい大先輩たちは、飛脚のごとく先にいっちゃって、
おっそーい私に付き合ってくれる仲間とともに、
闇の中、道に迷ったりしていて、地図を広げたりしていた。
暗い中、ヘッドランプの黄色だけが生きている何かのように。


午前4時ごろ突然眠気が襲う。
眠い、とボヤいた私に、突然何か問われて戸惑う。
ナイトハイク2.jpg
ミンミン ダメ シャカリキ?



語尾が上がっているので、きっと私に質問しているんだろうが、
ぜんぜん理解できず。何かのおまじないか?


3回聞き直しても要領を得ないので、ちょっとほっておいた。


後で分かったのは、”眠眠打破”と”メガシャキ”という、眠気を吹っ飛ばす飲料を
一生懸命私にすすめてくれていた仲間の心優しいお言葉だったのだ。


栄養ドリンク的なものはほとんど飲まず、
しかもテレビのない私には、仲間がナニを言っているのか、
まったく理解できなかった。ごめん。




朝5時すぎ。
やっと辺りがじわじわ明るくなってきた頃、

先に行ってた先輩たちは、見晴らしの良い頂上で
温かい汁物や食べ物などを用意していてくれた。
ありがたき幸せ。



朝日を眺めながらの宴会。
IMG_1131.jpg



誕生日に父にもらった、長野県の白ワインを。みんなで朝日とともに。
IMG_1127.jpg



思ったけど、宴会って
こんな朝だろうが、休日の昼間だろうが、平日の夜だろうが、

楽しいもんは、いつの時間でも楽しいのだ。



そして、満員電車の中や、仕事の会議中や、パソコンの前などでは
絶対感じ得ない
空気や温度や光が好き。



posted by Luna Reina at 23:47| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする