2017年07月17日

御射鹿池


みしゃかいけ
東山魁夷画伯の『緑響く』の場所。


IMG_2851.jpg

奥蓼科までやってきて、池が突然現れた時の感動。





IMG_2881.jpg

とにかく朝一番の池が撮りたいから、宿をとる。
この川の真上に風呂があり、
せせらぎを聞きながら温泉につかる。





IMG_2928.jpg

夜明け前。
何台かのカメラ。





IMG_2921.jpg

こんな時間に撮りたい気持ち、分かるわあ
実際、私もここにいる。





IMG_2951.jpg

朝ごはん後にもう一度やってくる。
晴れた。
青い空が綺麗で、池の周りの緑も映える。





IMG_3008.jpg

この本を読んで、「あ、池、見たい。」と思った。
(本の隣のコップの中は、蓼科の地酒)





一体何のために、そんなに広くない池に向かって
時間を変え、角度を変え、何度シャッターを切ったかな。

ただ池を見るためだけに、
その土地へ行けるということに感謝。









posted by Luna Reina at 21:46| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

untitled

IMG_2435.jpg

梅雨。



IMG_2496.jpg

花3種。


IMG_2502.jpg

青 黄 赤。





今年の夏は、やることが多い。
正確には 、”やりたいこと” が多い。
全部やります。




忙しい合間の、ちょっとしたのんびりした時間は好きだけど
あちこち忙しくクルクル動き回っている方が
時間が上手に使え、余計なことに惑わされず

そのうえ
細胞が活性化されるらしく
目が生き生きと開き、心は明るくよく動くようだ。





posted by Luna Reina at 06:21| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

血湧き肉躍る


18:00、仕事を蹴散らかして、ドキュメンタリ映画を観るため
一目散に恵比寿へ向かう。


http://www.warau101.com
『笑う101歳 x 2   笹本恒子 むのたけじ』




笹本恒子さん 現在102歳。 
お洒落で、自分のスタイルがあって、私の好きなカメラを職業にしていて、
(日本人女性初の報道写真家)
なんと言っても、私と同じ誕生日の9月1日生まれ。


むのたけじさん 笹本さんと同い歳。
昨年8月老衰のため死去。
戦争はダメー!を独自の言葉で訴え続けたジャーナリスト。
100歳を超えてあの声の大きさは、こちらが目覚める。
この声の張り、私は見習うべき。




もともと私は、笹本恒子さんに興味があり、
そして彼女が撮った女性たち(宇野千代さんなんか、
私は大・大・大ファンであり、鈴木真砂女さんも憧れの境地。)
の伝記本も以前から読んでいて、
”日本人女性たち、あっぱれ!” と思っていた。

だからこのドキュメンタリは絶対見るのだ、と。




まだまだ私には、知らない、知るべき世界がたっくさんあるように思う。
血湧き肉躍る。
そんなドクドクと熱い気持ちにさせてくれた映画であった。

”東京都写真美術館”という私の大好きな場所であれ、
平日という今夜、映画館内には客4人のみ。

誠に至福な時間と空間。




posted by Luna Reina at 23:02| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

その”気もち”が薬になる


各人は、必ずしも政治に飛びこまなくても、
平和のために何かすることができます。
人はみな自分の内部に根本的な道理の観念を持っています。
その観念の告げることに耳を傾け、その通りに行動すれば、
その人は世界が一番必要とすることを大きく果たしているのです。
それは別にこみいったことではないが、勇気が要ります。
人が自分自身の善性に耳を傾け、それに従って行動するのには勇気が要ります。
われわれは自分自身になり切る気があるかどうか。
これが大切な問題です。


『笑いと治療力』より  ノーマン・カズンズ  松田銑 訳




今の私に必要な言葉。





IMG_0415.JPG



IMG_0442.JPG



IMG_0417.JPG
同僚プロデュース、私撮影。
旧事務所で宴会途中に二人で抜け出して、繰り広げた写真撮影の一部。



がんばろ。




posted by Luna Reina at 22:42| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

どふ見ても 達磨像



NEC_0015.jpg
  白隠 慧鶴(はくいん えかく) 禅僧 の モシャ

  ”どふ見ても”横にのびすぎて、描き直し。


NEC_0016.jpg


   。。。




  
  墨を摺る時間がとても好きなのだが、
  最近忙しくてそんな時間がとれていない。


NEC_0022.jpg中途半端な写経など。
  
  



3年前の不老不死温泉の一人旅。
   食べて感動したコースのメニューを持ち帰り、
   その勢いで書いた墨の字は、なぜか上手に書けた。
  (やたら日本酒と合うメニューで、家族連れの多い食堂で、
   ひとりで1時間半も呑み喰い楽しんでいたら、
   ガイドさんかと間違えられた。) 

NEC_0012.jpg

NEC_0014.jpg

NEC_0013.jpg



  要するに、どんなに忙しかろうが、カリカリしようが、
  自信をなくそうが、逆境にいようが、
  心に芯がある、おちついている、少しでも幸せを感じる、
  そんな気分を持っていれば
  なんでもうまくいく。
  乗り越えてうまくいくようにできている。





  私の2017春への課題。どふ見てもよいよ。





  過去発見2 ➡︎ 遠藤秀作http://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201005010001







posted by Luna Reina at 21:48| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする