2012年03月20日

友人がくれたもの



Michiyo.tif


私によく似たひとはいろんなところに出没するらしいが、

「これ、おまえに似てる」と、数年前に屋台のポストカードでいきなり渡された。


Tシャツ

ジーンズ

バサバサの髪


もう少し色気を出そう。




posted by Luna Reina at 22:14| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

える・ぶりっ


執筆 → http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/250492479.html 

おいしい映画である。


ちなみに、この執筆ページの上の方の写真たちの組み合わせをさせて頂いた。

私が撮ったフォトも何枚か入っている。




posted by Luna Reina at 17:31| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

水玉




IMG_0385.JPG
semáforo, Tokio 2012




私は目が悪いので

都会の夜はこんな風に美しく見える。






posted by Luna Reina at 07:57| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

年明け練習帳



迎春


父は風景写真を撮る。

私が幼い頃からレンズをいじっていた。昔からなんかの写真クラブに所属している。



メキシコに住んでいた頃、私にはプロカメラマンの友人がいた。刺激を受けた。


旅仲間が皆カメラ好きだった。楽しかった。


しかし、私自身は良いカメラを持つことないまま、ずるずるここまで来てしまった。

が、年末にとうとう一眼レフカメラに出会う。

(親から何かを買い与えられたことがない私が、40も過ぎて老父より頂く。

 相当かわいそうな娘と思っていたのだと思う。ありがたい事である。)




だから、カメラ、手放すわけないでしょ。

ショッチュウ、愛でている。




IMG_0033.JPG 
南アフリカ産・スパークリング



IMG_0044.JPG 
朝のお茶



IMG_0069.JPG 
はらほれひれはれ-



IMG_0083.JPG 
ライト




IMG_0129.JPG 
日本版シルク・ド・ソレイユ 幸子さん



IMG_0139.JPG 
かっこいい長淵さん



IMG_0143.JPG 
大好きな聖子ちゃん



IMG_0144.JPG 
演歌とメキシコの絶妙なミックス



IMG_0153.JPG 
"エクセル"と読むのかと思っていた



IMG_0160.JPG 
小さい頃からこの瞬間が好き



IMG_0165.JPG 
0:00!!



IMG_0166.JPG 
お坊さん、鐘をつこうとする勢いあまって、つるりとゆく




IMG_0169.JPG 
朝から熱燗、昼間から酒三昧



IMG_0175.JPG 

地元の神社で、「あらー、ごめんなさい。」と、ど~んとぶつかってきた女がいた。

笑った。

彼女と私は、幼馴染。

昔からこの神社で、学校のかばんをほっぽリ投げて、ふざけ合ってきた。

新年早々、嬉しい再会である。



IMG_0180.JPG 
カメラおばはん、街をゆく



IMG_0183.JPG
こんな撮り方ができる。

同じ場所だが、あちらとこちらの強調の違いを出せる。



IMG_0331.JPG 
帰ってきて、また一杯。



IMG_0196.JPG
すべての人が笑って過ごすことのできる一年にしよう。




ありゃ、しかしこう見ると、ピントが大いにずれまくってますな。
まだまだ練習が必要です。






posted by Luna Reina at 06:19| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

カメラ



9月、荒木経惟氏の写真展『彼岸』をみた。

ガンと闘っているアラーキー氏が、TAXIの中から撮った日本の日常。

どこか冷めているような、達観したような彼のこころから映し出された、何気ない東京の風景。


11092011.jpg


日曜日の南青山での写真展なのに、私ひとり。

思う存分考えこめた。生と死。



会場をあとにして、なんとなく私も何か撮りたくなり、

隣の建物の前にあった自転車を撮ってみたりする。

いつもの携帯のカメラで。ちまちまと。


11092011(001).jpg



10月、ダグラス・カークランド写真展『ココ シャネル 1962』をみた。

これが見たくて見たくて、仕事帰りに銀座まですっ飛んで行った。


26092011(004).jpg

ブランド物としてのCHANELは、サングラス以外はあんまり興味ないが、

女性としてのココ・シャネルには興味を持つ。

当時のシャネルは、既に「婆さん」と呼ばれる年齢なのに、

この気品、この自信、この美しさ。 憧れる。

ダグラス・カークランドの写真の技術が素晴らしい。

巴里の香り、ムンムン伝わってくる。

私の携帯なんかで、こんな光や影が撮れるはずがない。




父の誕生日だった。

家族でステーキなんか食べた。

いつも私がちまちまと、ちっこい携帯なんかで色んなものを撮っていることを知っている父が、

「もう、決めたか?」と聞く。


小さな頃から、親に「何かを買ってほしい」と頼んだこともなく、

何かを買い与えられたこともなく、あまり物欲のない私だが、

自分でも風景写真などを撮るのを趣味にしている父が、

2ヶ月前の私の誕生日に、「一眼レフを持ちなさい。お父さんがお金出すから。」と言ってくれた。



ずっと時間的余裕が持てなくて、まだどのカメラにするか決めていない。

きっと宝物になるはずの一眼レフカメラ。

ゆっくり、大事に決めたいと思う。





posted by Luna Reina at 16:31| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする