2012年08月13日

バランス



先日メキシコに住むアルゼンチン人が、日本に遊びに来ていたので一緒に呑んだ。
共通の友人が何人かいるので、みんなの近況を聞いたりして。
アルゼンチンという遠いところから来たひとが、
アジアの中の『ニッポン』について感じる、様々なことを聞いていて色々思い出した。



私の国での、非常にノーマルで、誰もが使う挨拶表現のいくつか。

「先日はどうもありがとうございました。」

「お疲れ様でした。」

「おはようございます。今日もどうぞよろしくお願いします。」



私が30代のほとんどを過ごした、かの国の挨拶表現のいくつか。

(朝っぱらから) 「昨夜は君の夢をみた。」

(朝っぱらから) 「今日も美人だね。(または、今日もかっこいいね。)」

(帰り際に) 「愛してるよ~」



挨拶ひとつにしても、あまり深い意味はないにしろ、
場所も違えば、「?」となるようなこともしばしば。

日本と、かの国の、社会人経験年数がほぼ同じになった頃に日本に舞い戻り
予想だにしなかった逆カルチャーショックという谷にすってんてんに転がり落ち
数年過ぎた今、ようやく這い上がれた私はもう大丈夫。

場所や時間もわきまえずに、感じたことをそのまま言い、
相手を吃驚させて、混乱の渦に投げとばしていた時代ももう終わった。
バランスがとれるようになった、やっと。(遅いなあ)

そして私は、どちらも好ましく思っている。

UNO Y UNO.jpg



その友人との別れ際。
メトロの切符売り場まで私はくっついていった。
友人は切符を購入し、ジャラリとお釣りがでてきて掴むと、すぐに
お釣りの金額が合っているか確認し始めた。

私 「そんなことする必要ないよ~」

アルゼンチン人 「そうだった。。ここはニッポン。確認する必要なかったね。」

ともにメキシコの事情を知っている私たちには大笑いなことであった。
あの国では、機械でも間違う。
それが楽しかったりもするんだけど。



おまけ
最近書かせていただいた記事 (民芸品と満月について)
→ http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/277285163.html
→ http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/284137695.html
 




posted by Luna Reina at 08:11| 異文化間事情 | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

グリーティングカード送付準備の時期



毎年、メキシコのふたつの家族にクリスマスカードを送っている。



しかし毎回忙しさにかまけ、実際に送っている時期は、

日本でもクリスマス・デコレーションでキラキラ輝く12月も半ばになってから。


これだと、遅い。


当然、私のカードは年も明け、亜熱帯のメキシコシティーでは既に暖かく、

ハカランダも咲く春になってから、ポツンと届いていたらしい。



届くだけ、まだよい。



メキシコなんて、郵便事情が悪いのだから

送ったって届くかどうかなんてわからないのだから、

今年は早目に準備しよう。



日本には、かわいい素敵なカードがたくさん売っており、

昨年は、芸者がスキーをしている絵や、

京都のお寺にたくさんのサンタクロースがお参りしている絵のカードなどを送ったら、

メキシコの家族たちは、ひどく喜んでいたっけな。



なんて思いながら、持っていたカードたちを整理していたら、

こんなのが出てきた。忘れていた。

クリスマスには関係ないけど、ベトナムで買ったもの。


Documentos Michiyo-5.jpg





posted by Luna Reina at 20:33| 異文化間事情 | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

カテゴリ8 異文化間事情



この分野の話は限りない。


運転手さんが制服を来ていて、
次の停留所はどこである、その次の停留所はどこである、と
きちんとアナウンスがされて、
車いすの人も乗れるようドアにはしご板のついている、我が国のバス。


にわとりを抱えた少年が乗ってきて、
お菓子を売りに来るおばさんが乗ってきて、
窓にはなぜか弾丸が当たったのかひび割れた跡があって、
運転手の好みで大音響のサルサ音楽がノリノリに流れる、メキシコの田舎のバス。



pesero VS michiyo.jpg
きゃー、待っていたのに、停まってくれなかったー。
なにー? このマスクとサングラスが怪しいワケー?




posted by Luna Reina at 21:36| 異文化間事情 | 更新情報をチェックする