2016年11月25日

ナイトハイク


前回のつづき。
その裸足がキッカケの、夜のハイキングについて。


先月、明日は満月という、月光の澄み渡る真夜中。
午前1時に東京西方の山梨県にほど近い駅で友人たちと落ち合う。


バックパックの中は、
一眼カメラ、ワイン一本、魔法瓶に入った熱い味噌汁などなど。


海外に行く時よりもかなり重い荷物。


を背負いながら、山道を登る。



昔、カリブで見たミルキーウェイとまではいかなかったけれど、
わさわさした日常から完全にはなれた、満点の星空。



そのうち、


ハイキングって言ってたのに、
やっぱり走りたい大先輩たちは、飛脚のごとく先にいっちゃって、
おっそーい私に付き合ってくれる仲間とともに、
闇の中、道に迷ったりしていて、地図を広げたりしていた。
暗い中、ヘッドランプの黄色だけが生きている何かのように。


午前4時ごろ突然眠気が襲う。
眠い、とボヤいた私に、突然何か問われて戸惑う。
ナイトハイク2.jpg
ミンミン ダメ シャカリキ?



語尾が上がっているので、きっと私に質問しているんだろうが、
ぜんぜん理解できず。何かのおまじないか?


3回聞き直しても要領を得ないので、ちょっとほっておいた。


後で分かったのは、”眠眠打破”と”メガシャキ”という、眠気を吹っ飛ばす飲料を
一生懸命私にすすめてくれていた仲間の心優しいお言葉だったのだ。


栄養ドリンク的なものはほとんど飲まず、
しかもテレビのない私には、仲間がナニを言っているのか、
まったく理解できなかった。ごめん。




朝5時すぎ。
やっと辺りがじわじわ明るくなってきた頃、

先に行ってた先輩たちは、見晴らしの良い頂上で
温かい汁物や食べ物などを用意していてくれた。
ありがたき幸せ。



朝日を眺めながらの宴会。
IMG_1131.jpg



誕生日に父にもらった、長野県の白ワインを。みんなで朝日とともに。
IMG_1127.jpg



思ったけど、宴会って
こんな朝だろうが、休日の昼間だろうが、平日の夜だろうが、

楽しいもんは、いつの時間でも楽しいのだ。



そして、満員電車の中や、仕事の会議中や、パソコンの前などでは
絶対感じ得ない
空気や温度や光が好き。



posted by Luna Reina at 23:47| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

裸足


2,3年前、私が『走る部活』に入部したての頃。


ある先輩と話している時に、『人間、5感をもっと研ぎ澄まさなかアカン』
『もっと第6感を感じなかアカン』という話題に随分共感させられ、


合宿の朝の散歩の時、数人でハダシで宿泊所まで帰ってきたことがある。
IMG_0573.jpg
私はもともとハダシ大好き。
この早朝の湖に足を浸して、そのままハダシで3キロぐらいの道のりを
大の大人が、大人気なく、やんややんやと、足裏に色々感じながら。。。


人間、靴を履かないと、感じられるもの。。
土、コンクリート、砂利、木道、葉っぱ、小石、もしかしたらミミズ。



その時、多分、私のスペイン巡礼カミノの旅の経験も話したんだと思う。


石造りの小さい病院にひとりでいるよりも、
道中、熊に出会えたら嬉しくて抱きついちゃうかも、
http://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201101230001/
という話や、

雪の日の動物の足あとなんかの話を
http://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201101280001/
していたように記憶している。



その先輩が、今秋、ナイトハイクに連れて行ってくれた。



夜中に出発、闇の山の中のハイキング。
途中、朝日。
午前の太陽が燦々と輝く中、バイバイ。

という、日本にいながら時差ぼけ体験。



posted by Luna Reina at 06:06| Camino / 巡礼 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

前回に続け 真っ赤と空色



IMG_1077.jpg  
血の池地獄


IMG_1139.jpg
かまど地獄の青い池 


両方とも先週末の大分県・別府。



3年ほど前から続いていたマイ・ジャパン・ジャーニー。
http://lunamexipon.seesaa.net/article/356745973.html
今回、大分県をラストに踏破する。




ラストより二番目の佐賀県・伊万里も良かった。
久しぶりに会った佐賀県出身の女友だちが、
帰り際にさっと渡してくれた伊万里牛の手土産。


こういう心づかいがニクイ。


広島の時も、一緒にお好み焼きを食べた広島出身の女友だちが
帰り際にさっと渡してくれた郷土のお菓子。
それ思い出したわー


IMG_0980.jpg 
案内も伊万里焼き。



IMG_1015.jpg
焼きものは、ほっとする。


今日久しぶりにシャバに出て、真面目に仕事なんてしたら
じんましんが出てしまった。顔かゆい。




posted by Luna Reina at 23:58| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

真っ赤と空色



IMG_1009.jpg


IMG_1023.jpg


山梨は、葡萄の葉が黄色く色づき始めた勝沼を見下ろせる、
甲州高尾山へのスピードハイクじゃ。




posted by Luna Reina at 21:12| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ゴッホ・ゴーギャン展


ん、もう〜、お仕事忙しくて忙しくて
余裕ない時は、そんな時間の流れをいったん切って、
美術館で佇むのだ。

ゴッホとゴーギャンが一緒に住んで、一緒に絵描いて描きまくって
それでゴッホが狂って耳切っちゃって、

私みたいに時間の流れを切る、どころか、

自分の耳自体を切っちゃって、、、

そんな話は有名だけど。


昔見たゴーギャンのこの絵が
ゴーギャン.jpg

太陽は描かれていないのに、すごく太陽を感じて、砂の温かさを感じて
不思議なので、なんだかゴーギャンが好きなんだんけど。
ゴッホも、もっちろん大好きなんだけど。

明野の秋 copia.jpg
私がこの明野の葡萄ばたけを描いた時は、
どことなく二人を無意識に感じていたことが今更分かったよ。

二人が一緒に住んでいた時期は、ちょうど今のような晩秋。


私の今年の秋は忙しくて、
あー、葡萄の収穫に行けなかった、
畑で一房も葡萄切ってない、
と、およおよと涙あふるる。
泣.jpg



せめて、雨避けビニールシートを片付けに行きたいなあ、畑。





posted by Luna Reina at 22:20| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

一筆箋



先日、江戸琳派 鈴木其一(きいつ)の絵を観に行ったので、一筆箋を買う。

とりあえずこの箋に、晩御飯のメニューを書いてみる。



NEC_0004.jpg 
 
NEC_0001.jpg




はて、私はこれを書くのに、
パソコンで何回漢字を検索したのであろうか?

全くもって忘れている漢字 汗。。
いちいち検索 大汗。。
炒めもの、も書けないような女だったのか、私は。




ま、いっか。

墨・2Bえんぴつ・一筆箋  これぞ私の好きな三大文房具



追伸:ご飯ものが満足に撮れたことがない。部屋の光を変えるべきか。課題。



posted by Luna Reina at 22:04| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

秋の気配のパリの朝


どうしても
どうしても
どうしても撮りたいものがあった。




IMG_0961.jpg
ロベール・ドアノーの『パリ市庁舎前のキス』の、
その市庁舎を白黒で撮ること。




そのために、土曜日早朝のパリを早歩き。




ノートルダム寺院も好きだから撮りにいった。


IMG_0975.jpg
(数日前にここでテロ未遂があったことを後で知る。。ひー)




どこの国でも、走っている人がたくさんいるということは
嬉しい限り。
IMG_0941.jpg

IMG_0943.jpg

NEC_0211.jpg ソルボンヌ大学の学生さんたちか?




IMG_0930.jpg
甘いのちょっと苦手な私が、
Les Deux Magotsで、チョコラテを飲むという
洒落たこともできた。なはっ♥






posted by Luna Reina at 23:42| 本 / Art / 音楽 / Foto | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

北の道 Camino de Santiago 2016 vol.3



次の日。朝のCOSTA

NEC_0156.jpg





昨日のアルベルゲに可愛い若い(大学で犯罪学を学んでいる!
という)女の子がいて、一緒に歩いていたら、
途中で出会った活力のある散歩中のおじさん。

IMG_0886.jpg  





このおじさん、北のルートをよく知っていて、
色んなことを早口で教えてくれた。
彼が「この町の朝食はうまいよ、海を見ながらね」と言うので
私は女の子と別れて、ここで朝食をだらだらと食べることにした。

IMG_0887.jpg  





お馴染み "BAR"の矢印。と、私の荷物。

NEC_0121.jpg





山を越え、川を越え、次の町でありつけた昼食。
お腹が空きすぎて道中倒れそうだった。
という腹具合に、冷たい白ワインがしみる。

NEC_0083.jpg





今夜泊まる町に重い足を引きずりながら着いたら、すでに夕方。
こどもたちがはしゃいでいる。

IMG_0912.jpg





転ぶなよ (おそらくバスク語)、というサイン。
「もうすでに何度も転んでるよ(、私の人生)」
としみじみ思う巡礼。

NEC_0055.jpg





ヤコブ様のいるサンチャゴには着かない今回のカミノ。
本当だったら、全部歩くのであれば、
これから、足にマメができたり、色んな象徴的な風景や人に出会ったり
巡礼っぽくなっていく訳だけど、
私はもう日本のお家へ帰り、また日本の生活に、
日本の時間に飲みこまれていく。。。

その「生きていくこと」こそ、本当の巡礼なんだぞ。



IMG_0909.jpg









posted by Luna Reina at 00:08| Camino / 巡礼 | 更新情報をチェックする