2017年06月04日

爽やかに6月が始まった日に



朝っぱらから人生初のギックリ腰



Sin título copia.jpg
華麗なる魔女の一撃




posted by Luna Reina at 14:16| 其の他 想うところ | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

66 (野辺山ウルトラマラソン)



幼児の頃、熱が出た時に、
ふとももに解熱剤の筋肉注射を受けたことにより
四頭筋短縮症という、歩行や正座が困難になる病気にかかった。
1970年代の頃には社会問題にまでなった薬害。

私の歩き方が少しおかしいと、母がすぐに気づいてくれたおかげで
私は大人になった現在もだいぶ軽症だと思う。

ただ、引きずるように歩く・走る、直立した時に出っ尻であるというのは
小さい頃から変わらず、走り方も格好悪く、赤面モノである。
(中学生・高校生の頃は、好きな人の前で走るなんてとんでもなかった)



しかし、体の機能と心は別ものであるらしく
大人になって神経が図太くなったこともあり、
やっぱり歩いたり走ったりといったことが大好きな私は、
現在ウルトラマラソン(フルマラソン以上の長距離)まで走るようになっている!



フルマラソンは、海外の3レースを含め、10回以上完走している。
半分の距離のハーフマラソンは、制限時間が短いため
のんびり走ることができないので、ここ3年ぐらい出ていない。


やっぱり好きなのは、興味があるのは、ウルトラマラソンなんだと思う。
長丁場になるため、ドラマ満載の旅のようであるから。
走ったり、歩いたり、休んだり、復活したり、元気出たり。
その移り変わりがナカナカのもの。





また今年も野辺山ウルトラにエントリーしてから
私なりに半年間練習をがんばってきた。

昨年は、この四頭筋短縮症ランナーの私が、95kmまで行けたことに
自分が一番びっくりした。タイムオーバーとなり収容されてしまったが、
14時間もロード上で旅してたのだから。

今年はひょっとしたら、もしかしたら、
完走できる? 完走してみたい!如何しても完走したい!
もともと凝り性である私は
生活がまるで野辺山色になってしまうほど根詰める。



一緒に練習できる仲間たちがいることも魅力。
峠走の登り下り坂はもちろん、土砂降り雨の中も桜咲く中も走った。
座学で色んなコツを教えて頂いた事もあったし、
健康管理にも気をつけてきたつもり。




Desktop12.jpg
貧血にならぬよう肉・魚は多めに。胡麻も、海藻も。
『人は喰わないと力が出ない』




ヘパリーゼ.jpg




しかし本番2週間前になって、
練習中後数キロで50km到達というところで、少々体調を崩し
それがレース当日までトラウマのようになってしまった。
1週間前など、3km走っただけで同じような状況になった。

その上、前夜は目が冴えて冴えて一睡もできず。。。
結局、バカみたいに一生懸命になりすぎたのかも。
心が弱かったのかも。悔しいけれど。


当日は、とにかくスタートに立てただけでも良い、
完走どころか、ゆっくりでもいいから、行けるところまでで良い。

せっかくみんなと今まで一緒に練習してきたのに、
私一人で没落も勿体無いと。




今年のレースは、最高気温が27℃まで上がるなど、
誰にとっても厳しいレースとなり、リタイヤする人が続出。

その中で、「大丈夫ですか?」「無理してないですか?」
「眠いですか?」「ここは歩いた方がいいんじゃないですか?」
「やめますか?」「続けますか?」と自問自答を続けた10時間。



野辺山2017 copia.jpg
結果、66km地点でタイムオーバー。
約4,000Kcalのエネルギー消費。



もしかしたら3kmかもしれない、
もしかしたら20kmもいかないかもしれない、という
無理はできない状態のスタートだったけど、

終われば具合が悪くても66kmまで行けてしまった、という
変な自信と安堵感。

せめて自分からは「もうここでやめます。」とリタイヤしたくなかったので
完走はできなかったけど、やりきったという達成感。



しかし、全体の完走率が50%を割った中、
チームの仲間たち(18人の合宿状態)の半分以上が完走した。
すごーい!スゴーイ!
あの重いメダルだけの価値があった彼らのがんばり。





日々この日の事が遠くなっていくにつれ、

あそこまで根詰めて緊張しなくても良かったのではないか、
もっとリラックスしてれば、少なくとも
もっと走れたのではないか?という心持ちになってくるから不思議である。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。。。



四頭筋短縮症だからって関係なーい!!
やっぱり一回は完走してみたいよなー、 100km。

私にとっては、”一生にやってみたいことリスト”の中の一つ。





posted by Luna Reina at 23:12| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

showa



新緑

自転車

鼻歌



新緑・自転車・鼻歌.jpg



毎年変わらない、

昭和演歌で昭和の日。











posted by Luna Reina at 23:36| 旅 / お出掛け | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

髪は女の命


生まれてこのかた
どんなに憧れてきたか。
どんなに恋い焦がれてきたか。
サラサラつやつやの、女神のような豊饒なる髪の毛。



私の髪は多く、太く、固く、
髪を結ばないと、「この人どうしたのかな?」と思われてしまうほどの、
しめ縄のような、どうしようもないくせっ毛である。



だから



hair1.jpg
何十年も縮毛矯正と言うパーマをかけてきた。

が、
さすがに、この髪の長さも年齢と合わなくなってきたので、
もういい加減に素の自分に戻ろうと、



昨年矯正パーマはやめた。




自分の髪のくせを生かすカット、と言う技術に出会う。
hair2.jpg
完全に乾いてると、もともと量が多いので
爆弾仕掛けられた後のようだが、

濡れてるといい感じ。
こんなに短くなったのも20年ぶり。




先月だったか、
オフィスのトイレで
いつものムースをつけてるつもりが、


ぼーっとしていたようで、


蛇口の横にある
『泡のハンドソープ』を無意識につけていた。

なんだかいつもと違う泡触り。
石鹸のような香り。。
シャンプーしてるみた〜い。。。




ひょえー!




hair3.jpg
私の固いくせっ毛は、こちらのハンドソープの方が
がっしがしに、見事にスタイルが決まるようだ。

発見。





posted by Luna Reina at 19:27| 其の他 想うところ | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

やたら長い


今年に入って書き溜めたもの。
大好き、大好きと、そればかり言ってみる。



1月
NEC_0026.jpg
八ヶ岳おろしの吹き荒れる明野の畑にて
仲間とダルマのように着ぶくれして
ワイン用葡萄の木の剪定。

毎年見事な芸術的な形の枝に出会える
この剪定作業が大好き。
枝、この1年お疲れさま。
全然畑作業に参加できていなかったけど。






IMG_1859.jpg
母の誕生日に温泉に誘った。



IMG_1910.jpg
きっと、これは太平洋を見つめる日本のモアイ。
私は仏像が好き。
仏さまの顔を見ていると本当に心が落ち着く。
母も喜んでいた。よかった。






NEC_0001.jpg
10年以上も前に友人にもらったドイツ製の煙出し人形。
日々愛用している。
お香が大好き。
サンダルウッドの香りをよく焚く。



日本のお線香も好き。
昔はお線香と言うと、お墓というイメージが強く
怖かった、のであるが、


元旦那(外国籍)が、
いきなり(メキシコの)自宅で
インドのIncenseや
日本のお線香(どこから仕入れてきたのか)を焚き
「いい香りだ。」とうっとりしていたのに

度肝を抜かれてから
私のお線香歴、早15年。

今のボス(外国籍)が、
オフィスで日本の寺の線香をよく焚くのだが
これも普通のこととして受けとめている。






25-ABR-2008 TEM 045.jpg
懐かしい写真が出てきた。

  9年前。右後方、髪の長い女。メキシコでのOL生活。
  同僚とオフィスのテラスで。テキーラ三昧。
  確か5年働いた私の送別会の日だった。

  亜熱帯の国に過ごしていた頃のこと、
  私の中での "大好きな時代" のひとつ。





2月
16601884_1865670637044188_3390188451278170856_o.jpg友人が撮った写真
三浦半島。
メドックマラソン完走賞の灰色リュック。
私ひとり、こどものハイキングみたいな格好。
トレイルは苦手。仲間よりだいぶ遅い。
しかし好きなのは何でだろ。






IMG_1934.jpg
大好きなんでね、寄り道。



IMG_1933.jpg
寄り道するに決まってるじゃないね。(部活の仲間と。合宿で。)



IMG_2011.jpg
静岡おでん。
味も接待もプロ。
こういうお店が好きだ。



IMG_2027.jpg
おばちゃん♡ えっ私? きゃは♡



IMG_2048.jpg
静岡の楽しい春の始まりであった。
旅好き。写真好き。酒好き。






3月
NEC_0004.jpg
椎名町はトキワ荘跡。
漫画家・寺田ヒロオさんの部屋の再現を見る。

それからの数日、私の中にトキワ荘嵐が起こり、
『まんが トキワ荘物語』まで図書館で借りてしまう。
(好きなもの、興味のあるものは、とことんハマってしまうタチ。)

漫画はあまり読まないけど、
手塚治虫さん、石森章太郎さん、藤子不二雄さん、赤塚不二夫さん等
日本が誇るメンバーが、ああいうアパートである時代を一緒に
過ごしていたなんて。。



私も20代も後半になってから
女子寮で過ごしたことがあるので
その楽しさ、一体感はわかる気がする。

過去発見4 ➡︎ タカラジェンヌ
 https://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201008120000/







3月11日
過去発見5 ➡︎ 石巻 https://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201104250000/






2017-03-17 19.17.00-1.jpg
大好きなミュシャ展。
アールヌーヴォーを代表する画家とは知っていたが、
チェコの人だったんだ。






514hNRNfGSL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg
これで、アンリ・ルソーを知る。
ルソーの絵は好きだな。
遠近法がない等色々言われたみたいだけど、
私はこの画家のオリジナルな作法が好ましい。






20170321-0511581.jpg
風も木もさやさやと、
給食も給水(日本酒の仕込水あり!)も空気も
おいしいフルマソンであった。

懐かしい人たちとの嬉しい再会も。
だからいつも旅ラン大好き。






4月
IMG_1868.JPG
これは5年前の桜。宴会の脇の壁に桜の陰が写っている。

今年は日本に再着陸してもう8回めの桜。
桜が綺麗で綺麗で、最初の数年はよく写真撮っていたけど、
最近はすっかり花そのものは撮らなくなった。
わーっと笑顔で”桜を撮っている人”を撮るのが好き。

過去発見6 ➡︎ 5年前の桜 http://lunamexipon.seesaa.net/article/269625895.html






今年も桜満開になった日曜日、
ドシャ降りの時間もあった足柄峠越え。34km走りきる。
私はこうやって平和であるなら、雨に濡れるの好き。”平和”ならね。

過去発見7 ➡︎ 雨女 https://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201108260000/






8年前から4か月に一度精密検査を受けている。
薬を飲んでいるわけでもないし、
制限も何もないし、いたって元気に普通に暮らしているのだが、

危ないものを抱えている、らしい。

対処法はない。

私の免疫力のみが頼り。ストレスは駄目。生命力だ。


怖い、怖い、怖いと思って打ちひしがれてた時期に、
強く思ったことがこれ。

好きなことに囲まれて、好きなことをして生きていこう!

幸い、私には好きなもの、コト、人が多い。






posted by Luna Reina at 22:28| 其の他 想うところ | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

泣く女



たまに、電車の中で
人知れず鼻をすすりながら泣いている女の人を見かけることがある。



目に潤いがありすぎるのか、まばたきをしたら
今にも目から涙がこぼれ落ちてしまいそうな
見知らぬ女性と出会うこともある。



かくいう私も、今日あった出来事からどんどん過去をつなげて
思い出しちゃっている時は

日常の、ごくごく日常の中で 
(例えばスーパーとかで買い物をしている途中なんかに)
突然涙が出てきてしまってしょうがない時があり。

周りにばれないようにする術も覚えてしまったけど。







日々のさりげない風景の中で、突然
泣いてる女性に会うと

『がんばれ!』と思う。







weeping woman - picasso.jpg
『泣く女』ピカソ  "La Mujer que Llora" - Pablo Picasso, 1937 

 ピカソの愛人ドラ・マール


 


posted by Luna Reina at 23:58| 其の他 想うところ | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

ほくろ


私は、くちびるにたくさんのほくろがある。
そんな私に母は昔からこう言う。

「あんたは、一生食べものに困らない人だよ。」



確かに、
巡礼中、絶妙なタイミングで食べものを分けてくれた知らない人に会ったり、
プロも含めて料理上手な友人たくさんいるし、
飲み友達も常にスタンバイしてくれてるし、
家族や親戚とは、何か問題あっても、酒と肴で乗り越えてきたよなあ。



何と言っても、食の基本を教えてくれたのが母。
母は、凝った料理を作ったり、夢のように素敵な料理を並べたりする人ではない。

しかし私が小さい頃から必ず手作りの物を食卓に出してくれた。
簡単なものでも、全体に茶色くっても、冷蔵庫の余りものであっても、
おいしいものはおいしいのだ!と。

そんな母の思いは、娘の私にしっかり受け継がれていると思う。


人間って、怒ってても、泣いてても、
湯気の出ている温かい手作りの食事には敵わないもんなあ。。



ご飯2017.jpg私の自炊寄せ集め


実際に3度の飯をきっちり食べないと力が出ない身体なので、
「まあ、料理上手ねえ。」と褒められるようなシロモノは
作る時間も腕もないが、
自分が元気になるので簡単手作り楽しんでます。

食べることには命をかけているので
ほくろの数に恥じないよう、これからも私は台所に立ち続けるぞ〜




過去発見3 ➡︎ banana  https://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201003250000

ちょうど7年前のもの。あの頃と変わっていない。

最近はこれにこれでもかっ!とほうれん草と小松菜を入れた
グリーンスムージーを飲んでいる。
2017-03-25 10.28.00 17.14.12.jpg


あっ、でもこれ、コーヒーもバナナもグリーンスムージーも朝ご飯の前菜です。
朝ご飯は、お米がいい。納豆とごはんと味噌汁を頂きます。
しかし、午前11時にはお腹が鳴るのだー


食べても食べてもあんまり栄養が摂れない体質のようです。
昔お医者さんに言われたことがあります(>_<)
どうしたらいいのでしょ。
エンゲル係数ばかり高い。


あっでも、ほくろが助けてくれるか。






posted by Luna Reina at 17:57| Wine / 酒 / 食 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ええかっこしい



NEC_0011.jpg

普段から顔を見ている家族、仕事仲間、遊び友達、と一緒にいるときは






NEC_0010.jpg

お互い慣れてしまっているので、自分の癖には気づきにくく。






NEC_0006.jpg

しかし、全く新しい空間で今まで会ったことない人たちに会うと






NEC_0008.jpg

突然、自分のガサツさなどの目に見える動作から、考えかたの偏りや、
思考の癖まで自覚することがよくある。






NEC_0007.jpg

きっと、初対面の人が感じてくれる、私のいいところもあるんだろうけど、






NEC_0009.jpg

人と比べて、自分の物差しにかけて
すぐに落ちこむという
勝手に自信喪失する、私の悪い癖。






NEC_0004.jpg

とどのつまり、
『えぇかっこしぃ』







後日、関係ないような場所や時間に、
(こんな風に、例えば『鬼太郎茶屋』の散歩途中とかに)
急に思い出して
あー、穴があったら入りたい、入りたい、と強烈に思ったり。していた。



していた。



していたんだけど、最近



自信喪失すること自体にとことん疲れてきた。



開き直ってきた、というか、諦めというか、
おばちゃんになってきたというか、
面倒くさくなってきたというか、
それも、私なのだと
良くも悪くも自己肯定ができるようになってきた。


のは、いいことなのかも。







posted by Luna Reina at 23:30| 其の他 想うところ | 更新情報をチェックする