2016年09月29日

北の道 Camino de Santiago 2016 vol.3



次の日。朝のCOSTA

NEC_0156.jpg





昨日のアルベルゲに可愛い若い(大学で犯罪学を学んでいる!
という)女の子がいて、一緒に歩いていたら、
途中で出会った活力のある散歩中のおじさん。

IMG_0886.jpg  





このおじさん、北のルートをよく知っていて、
色んなことを早口で教えてくれた。
彼が「この町の朝食はうまいよ、海を見ながらね」と言うので
私は女の子と別れて、ここで朝食をだらだらと食べることにした。

IMG_0887.jpg  





お馴染み "BAR"の矢印。と、私の荷物。

NEC_0121.jpg





山を越え、川を越え、次の町でありつけた昼食。
お腹が空きすぎて道中倒れそうだった。
という腹具合に、冷たい白ワインがしみる。

NEC_0083.jpg





今夜泊まる町に重い足を引きずりながら着いたら、すでに夕方。
こどもたちがはしゃいでいる。

IMG_0912.jpg





転ぶなよ (おそらくバスク語)、というサイン。
「もうすでに何度も転んでるよ(、私の人生)」
としみじみ思う巡礼。

NEC_0055.jpg





ヤコブ様のいるサンチャゴには着かない今回のカミノ。
本当だったら、全部歩くのであれば、
これから、足にマメができたり、色んな象徴的な風景や人に出会ったり
巡礼っぽくなっていく訳だけど、
私はもう日本のお家へ帰り、また日本の生活に、
日本の時間に飲みこまれていく。。。

その「生きていくこと」こそ、本当の巡礼なんだぞ。



IMG_0909.jpg









posted by Luna Reina at 00:08| Camino / 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

北の道 Camino de Santiago 2016 vol.2



やっと見つけた最初の矢印。
この黄色い矢印に再会したことに感激。

NEC_0188.jpg





最初に会った巡礼者。
彼は石畳を歩く痛さを愛おしくかみしめるように、ゆっくり。ゆっくり。

NEC_0152.jpg





”北の道”は、矢印の指示がきめ細かく感じた。
以前の”フランスの道”の矢印は、結構いい加減で表示でよく迷ったけど、
あれも巡礼そのもの。

NEC_0181.jpg





乾いた白い小道。

NEC_0171.jpg





暑いのだよ。太陽が容赦ないのだよ。

NEC_0136.jpg





と思ったら、天気急変。すごい雷・すごい風・すごい雨。

NEC_0168.jpg





ちょうど小さな町に着いた直後の嵐だったので、
どこかのお家の軒下で雨やどりができた。
朝からずっーと、野山ばかり歩いてきたので、
私はなんて運のいい巡礼者なのでしょ。

NEC_0170.jpg





天気急変。青い空と葡萄畑。
道中、”巡礼は人生の縮図”というようなシーンによく出くわすが、
今回3日間だけだったのに、だったからこそ
凝縮されて目まぐるしく、次々と色んな場面が登場する。

NEC_0149.jpg





これが北のルート特有の景色、COSTA(海岸)

NEC_0128.jpg





アルベルゲ。巡礼宿のこと。
安いけど、男女共用のトイレ・シャワー。
ベッドも老若男女隣同士。
これが、私は特に嫌とは感じず、
色んな人との出会いが楽しくて
これこそがカミノの醍醐味で
アルベルゲに泊まるのがやめられない。


”北の道”のアルベルゲは、数も少なく、
また巡礼者以外の旅人たちも泊まっている。

夜遅く、私の2段ベットの上にミシミシと到着した男は
はてどんな人だったのか?

朝起きて「やあ、おはよう」でお互いの正体が分かる。
バレンシアに住むその初老の男はカッコよかった。
ノルウェーまで車を飛ばし、そこからゆっくり写真を撮りながら
南下してここまで来た、と。
見せてくれたカメラは私と同じCanon。
綺麗なオーロラの写真を見せてくれた。





posted by Luna Reina at 21:16| Camino / 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

北の道 Camino de Santiago 2016 vol.1



私は西に向かい、世界遺産の道、
3度目のスペインのカミノ・デ・サンチャゴ 。



1回目は、2008年。全行程 800km. 26日間
この1回目の歩き巡礼、私の人生観を180度ひっくり返した。
http://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/200808180000/



2回目は、2011年。 全行程 650km. 21日間
1回目の感動が忘れられず、同じ道を今度は真冬に。
季節が違うだけで、こんなに違う旅になるとは。
2回目の歩き巡礼、1回目を超えちゃう感動。
http://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201102050001/





3回目、2016年の今回。 全行程70km. 3日間のみ。
日本の生活にどっぷり浸かって、逆カルチャーショックに
悩んでいたことさえ忘れて、色々な大事なことさえポロポロ
手から頭から心からこぼれ落ちていくような日々の真ん中で、
5年ぶりに道(camino)に会いにやってきた。

しかも、前回・前々回とも違う北のルートを辿る道。
サンチャゴのゴールを目指さない、散歩チックなカミノ。


しかも、荷物が、、、
バックパックとはいえ、寝袋も持ってるとはいえ、
その前にフランスでワインをかっ喰らうマラソンとかに出て
ヘラヘラ遊んできたから、
大事なワイン2本を持ちながらの巡礼である。







posted by Luna Reina at 23:22| Camino / 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

24時間リレー



『剣にかぎらず物事には万策尽きて窮地に追いこまれることがある、
 そのときは瞬息に積極的行動に出よ、
 無茶でもなんでもいい、捨て身の行動に出るのである、
 これがわが流儀の極意である』 司馬遼太郎 坂の上の雲(八)より  




 いつもこれは素敵な言葉だと思っている。

 自分が無我夢中になっている時、
  無色透明な落ちついた気持ちの時、
   または何も考えていないようなリラックスしている時、

    例えば、走っている時など。。


 読んだ本の中のことばが、突然腑に落ちる瞬間があり。
 本当に突然思い出されて、
 関係ないようなところで、本当に突然理解する。
 
 だから、
 今ここに書いた。




 今年も24時間リレーに出た。
 仲間たちとタスキをつないで、午後1時から
 翌日の午後1時まで走る大会。

 メドックマラソンの興奮が冷めやらない私は
 ここ日本でも仮装がやめられなく、
 待機所でタスキを受ける順番を待つ選手たちの中で

        たいそう浮く。



     IMG_6787.jpg


  無茶でも無知でもなんでもいい、これがわが流儀の極意である。。。



 

 
posted by Luna Reina at 21:33| 旅 / お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

旅の相棒


DSC06800.jpg
マラソンの翌日、




IMG_0740.jpg
相棒ミニーと、世界遺産の街・ボルドー散策。




P9120350.jpg
一番行きたかった銘醸地サンテミリオン。
葡萄畑の前でワハハ ♪




IMG_0631.jpg
いつでもワインのある夕食。




NEC_0190.jpg NEC_0191.jpg
マラソンで赤ワインばっかり呑んでたから、さすがに白。
ボルドー産白ワインも大好き。




IMG_0779.jpg
また電車を乗り継いで
スペインはサン・セバスチャンへ。




IMG_0766.jpg
彼女も私に負けずカメラ好き。




IMG_0744.jpg
BAR物色中。。。




IMG_0752.jpg
ピンチョス!これがあの San Sebastian のBAR文化ね。




DSC07269.jpg
メドックマラソンのTシャツ着てたら、
この街を歩いていた若者も着ていて
すれ違いざまに私に親指を立てた。
「君もあのクレイジーなマラソンに出たのかい?」
という暗黙の言葉のいらない会話が嬉しかった。




DSC07312.jpg
相棒とも今夜でお別れ。
明日から彼女はフランスの南に、私はスペインのちょっと西の方へ。




普段、日本も海外も一人で旅することが多いが、
今回リズムの合う相棒がいて格別な楽しさがあった。
お互い放っておいても平気。
お互いよく食べる。
お互いよく歩く。
お互いよく写真を撮る。

そんな人と旅の途中でバイバイとは、こんなに淋しいもんなんだ。





posted by Luna Reina at 23:00| 旅 / お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

給ワイン所


何年越しかの想いが、今ここに。
私は絶対これを経験しなければならぬ、とまで思いつめていたもの。



IMG_0005.jpg
それは、メドックマラソン。
フランスは、ボルドー地方にあるワインの銘醸地メドック。
一面葡萄ばたけの中をランランする42kmの道中、
あらゆる給水所にワインがある、という夢のようにふざけたフルマラソン。




Desktop8.jpg
テーマにそう仮装は必須。
今年は『物語と伝説』。
(私は、ディズニー映画ムーランのつもりだった。。)




IMG_0076.jpg
誰とでもすぐ写真の取り合いっこ。




P9100041 18.25.40.jpg
スタート前のハイテンション。




IMG_0182.jpg
ワインが飲める人たち、というよりも、
基本フルマラソンが普通に走れる人たちが来ていると思われる。

ただ、お祭りマラソンなので、タイムを競うことはカヤの外。
このガヤガヤ賑やかな団子状態のまま、ランナー渋滞がゴールまで続くこととなる。




Desktop9.jpg
ランナーも、ボランティアの給ワイン所の人たちも仮装しているので、
走ることも忘れつい見いってしまう。




IMG_0309.jpg
相棒ミニー大人気!




IMG_0212.jpg
炎天下。気温40℃近く。ほぼ木陰なし。




IMG_0380.jpg
あまりにも暑いので、途中で水が浴びられるオアシスのような場所。
浴びた水も汗も呑んだワインも
すぐ蒸発してしまうほどの銘醸地の太陽のパワー。




IMG_0318.jpg
給ワイン所




IMG_0354.jpg
で、給ワインにがんばるお姉さんたち




IMG_0321.jpg
俺にも、私にも、早くくれ、
その香り高い液体!




P9100228.JPG  
きゃは、シアワセ 💕
愛するボルドーワインよ 💕




P9100250.JPG
もちろん水もペットボトルごと持ち歩き。
(マラソン後の掃除が大変だっただろうな)




P9100285.JPG
初めて、愛用一眼レフを担いでマラソンを走った。




IMG_0006.jpg
前日の前夜祭で展示されてあった、”制限時間”を表す看板。




IMG_0405.jpg
マラソン中楽しみすぎていて、最後の直線数キロの所で
この看板な団体に会ってしまい焦る。

この人たちより遅くゴールすると、
戦利品のワインボトル1本がもらえなくなってしまう。
せめて彼らより先にゴールしないと!




IMG_0409.jpg
結局、給ワイン所21箇所中、19箇所のワイン完飲。
飲めなかった1箇所は、唯一の白ワイン提供。
賑わいすぎていて品薄で飲めず涙
もう1箇所は、いい加減、体がワインより水を欲していたところで。




IMG_0423.jpg
今までフルマラソンは10回近く完走しているけど、
今回のタイムがワーストである。。
しかも暑かったので制限時間30分延びて7時間。




IMG_0428.jpg
やったね、ギリギリのゴール!ビール飲みな。喉乾いただろ。


この大会中、マラソン前の準備運動している人も、
マラソン後のストレッチをしている人も
ついに一人も見かけなかった。
もちろん我々もやってない。




IMG_0298.jpg  IMG_0291.jpg

ワインでしょ、ランでしょ、カメラでしょ。
青い広い空でしょ。熱い人間たちでしょ。
私の大好きなものばかりでした。

夢が、また一つ叶いました。ありがたいことです。




IMG_0346 (1).jpg
このレースが終了したら、さっさと収穫されるであろう
AOCメドックの葡萄くん。






posted by Luna Reina at 23:42| Wine / 酒 / 食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

最近の美術部活動


2015 春
IMG_9361.jpg 

生誕300年の与謝蕪村さんの展覧会が良かった、と友人が言っていた。
私、行けず。。だから模写。

蕪村さんは
「学問は 尻からぬける ほたるかな」
私は
「学問は 頭からぬける 星かしら」

私、学問は昔から好きな子どもでした。
しかし、ご飯を一回食べただけですぐ頭からぬけるのだ、学問は。




2015 春
ブドウの木.jpg 

葡萄の剪定(枝を切って整えること。この手入れで、養分が行き渡り成長を
促す)作業の時に、毎年畑から切り落とされた枝をいただいてくるのだが。

私の作品は、まだない。

剪定後の枝を自宅まで大切に持ち帰った仲間たちの作品は見事で、
家の庭やバルコニーに葡萄の実までならしているという人もいる。

この年も、私は意気盛んに枝を数本持ち帰ったはずなのだが、
帰りの中央線に落としてきてしまったらしい。。ごめん。。




2015 初夏
IMG_9194 (1).jpgIMG_0064.jpg  

それぞれ、友人の結婚式にて。柔らかい白いドレスを撮るのが好き。
左は妊婦さん。




2015 初夏
IMG_9728.jpg 

あと数日で産まれる、という友人の姿を何枚も撮った日の幸せな一枚。




2015 真夏
IMG_0755.jpg

伊勢で出くわした爺様。私が昨年撮った写真の中で最高の1枚。
爺様の手にしている文言に、ぎくり。
伊勢まで来た甲斐あり。
ラヴィアンローズなんて、ないんだ。そうなんだ。
そりゃ参ったなー。




2015 初秋
NEC_0090.jpg
越後は『大地の芸術祭』 
なんでも3年に1回だけらしい。友人にそれを聞いた途端、バスに飛び乗り新潟へ。


NEC_0021 (1).jpg 
”大地”の芸術祭なので、会場は野外であり、町全体、隣町もなので、電車でも移動。
ローカルさがたまらない ほくほく線。


NEC_0096.jpg
草間彌生さんの作品


NEC_0081.jpg
このでっかい色鉛筆1本1本に世界各国の名前が書かれている。


NEC_0028.jpg
美術館の廊下に置かれている何てことない石がイチイチ可愛い。




2015 秋
IMG_8467.jpg

メキシコ人の友人から連絡有り、お父様が天に召された、と。
彼女はお父さんの名前を漢字でTattooにしたい、と言う。

だから、リカルドさんの当て字を彼女に送った。
いたく喜んでもらえて嬉しかった。




2016 早春
NEC_0007.jpg

家の近くの大学での写真展。土門拳さん。
小さな会場に、私1人きり。ゆっくり見られた。




2016 春
NEC_0021.jpg

シュー・ヤマモトさんの CAT ART美術館。
世界の名画が全部、猫!ネコ!ねこおおおお!




2016 春
NEC_0005.jpg

ものすごーい人気だった若冲展。

若冲さんの絵はもちろん大好きだが、今回の展覧会、入るまでに何時間待ちとか。。
私、行かず。。だから模写。

葉巻をくわえさせたら、結構いけてる。
若冲展に行けなかったからって、若冲さんの顔を描いているのはきっと私だけだろうな。




2016 初夏
エマオ.jpg

この展覧会が終わった後、世界遺産の一つとなった国立西洋美術館で行われていた
カラヴァッジョ展!

私、行けず。。だから模写。 
(行けないと模写する、というよく分からない方程式)

NEC_0003.jpg
『エマオの晩餐』模写して後悔100%。
中途半端でやめた。
当たり前だが、とてもじゃないけど真似できない。。

光と影の描き方が偉大すぎる ”ルネッサンスを超えちゃった男” カラヴァッジョ様。
天才。




大月 copia.JPG

畑から帰る途中の中央線、何も考えず各駅に乗ったりすると
大月駅止まりだったりするわけで。

無駄に待つ。

と、ここで意外な発見を。


2016 梅雨時
IMG_0139.jpg

小布施の北斎館に行ったのだが、北斎さんも安藤広重さんも、
その私が無駄に待つ大月の隣の駅「猿橋」を描いていらっしゃるのだ。
猿橋とは、江戸の頃、日本三奇橋の一つだったらしい。

いつも何気なく通り過ぎていた「猿橋(さるはし)」。。
各駅止まりで泣いている暇なんかなかった。

今度途中下車して見にいこ、橋!




2016 夏
NEC_0017.jpg
猫バス!

NEC_0011.jpg
この絵、タイプ。

NEC_0012.jpg
メーヴェも!

ジブリの大博覧会。
ジブリで育ってきた私は、ジブリのことなら何でも知っている、
と思っていたのだが、実は何も知らなかった。
近藤喜文さんの存在を!
『耳をすませば』のあの日本の生活風景は彼のものだったんだ。


NEC_0012 (1).jpg
つい買ってしまった、彼の画集。


NEC_0011 (1).jpg
何か模写しよ。


NEC_0008.jpg
模写した。




2016 残暑
NEC_0002.jpg

世田谷美術館。メキシコ人のマヌエル・アルバレス・ブラボ写真展。
もうこれは文句なく、彼の世界に浸った。
何だか感覚が、感性が、蘇ってくる感じ。




こうやって生きていて生かされていて
生きているからこそ、楽しいことだけじゃなく色んなザワザワしたものもある訳で。


写経やってみたり、寺に座禅くみにいってみたり、長距離走ってみたり
一人旅したり、女友達にとことん話してみたり、泣いてみたり、酔っぱらってみたり。


そのうちの一つに、私にとっては "ART" というものの存在が、
とても大切ということを改めて思います。


ザワザワしたものから、一気に自由になれる世界に連れってってくれる。
うまい、へた、ではなく、模写一つに集中するだけで、結構自分に戻れたりする。

ヤスアガリだ。



posted by Luna Reina at 23:47| 本 / Art / 音楽 / Foto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

今年できていること & できていないこと


平成28年(2016年)
日本 (はぽん) 留学7年目。

できていることと、できていないこと。



高校時代の同窓会に行けたこと。
動物園のようなクラスだったが、皆全く変わっていないし、恩師も交え今でも仲の良いうちら。
0017.jpg
私たちなら誰もが知っている高校2年の時の古写真。



大学時代のサークルの同窓会に行けたこと。
IMG_0232.jpg
私の青春時代のある一時期を一緒に過ごした先輩・後輩・同輩たち。大切な事実。



麗しのサブリナ(姪っ子)が初めて自転車に乗れた瞬間を見られたこと。
NEC_0005.jpg
かわいい〜。
乗れない、乗れないと憮然としていた時期が長かっただけに、本物の笑顔を見たぞー、ねえねは。



趣味(呑み会)が続けられること。
色んな仲間たちと酒を酌み交わすこと。洋酒・和酒問わず。老若男女問わず。
🍶.jpg



東京マラソンの抽選に落ち、言語ボランティアやったけど、
スペイン語圏のランナーに会えず、喋らずじまいだったこと。
Desktop7.jpg



仲間たちに励まされながら一生懸命練習してきた(つもりだった)のに、
1000vero20copia-thumbnail2.jpg


100km完走できなかったこと。
IMG_0023 copia.jpg



ごはんを作るのが楽しいこと。
1日2食米、1日1麺。小さい頃からの食生活はそう変われない。パンは相変わらずダメだ。
食べながら、使った食材を検索してその栄養分をいちいち細かく調べるのが楽しいこと。
ご飯.jpg
おっきいキッチンがある家に引っ越したいナ。



ふじさん、という名前の駅があることを初めて知った。
NEC_0022.jpg
まだまだ知らないこと多すぎ、ということを知るのはいいことだと思えること。



小布施の西證寺でピンク色の鳳凰に出会えた。
IMG_0023.jpg



今年の夏の土用は、2回もうまい鰻にありつけたこと。
うなぎ.jpg
冷酒の肴に鰻を、とは贅沢。



Yakult copia.tif
これで調子のいいこと。



できてない、やってない、あれもこれもまだ、と焦って自分を責めるより、
できたことをフォーカスすれば、私結構出来てるじゃないの。

いつだったか、ある女友達と二人で飲んでた時、彼女が言った。
『私ね、手帳に予定書きこんでも、予定通りいかないことよくあるんだ。
 だから最近はできたことを手帳に書くことにしてるんだよ。』
素敵。

posted by Luna Reina at 20:47| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする