2016年06月20日

満月と夏至


先月までは、あるターゲットに向かって
やんややんやと強く楽しく澄みきったエネルギー持ってたのに。

それが終わって今月に入ったら、私自身が梅雨空になってしまった。


ははは。は。


だから夏至が近い今、朝は日が昇る時間が1年で一番早いわけで、
朝4時半に起きて5時には近所の公園の中の林を
ハダシで歩いてみたりした。
天気の良い日曜日で、ハダシには、朝露の草が気持ちよくて
木々の間でトロトロくつろいでたら、
そのうち、近所のおじさんおばさんが自然発生的に集まってきて
すぐ目の前の空き地でなんとラジオ体操が始まった。

流れで私もその中で裸足のまんまラジオ体操した。
(ところどころ忘れてる、体操の順番)

終わったら、ある90になるというお婆様が
「まあ〜 裸足! 元気ねー。若いわねえ!」と
やたら感心して下さって、単純に嬉しかったです。
そんな梅雨の晴れ間。


今夜は満月。明日は夏至。



DSCF3699.jpg
妻籠宿(長野)



posted by Luna Reina at 22:06| News / 環境 / 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

あれは平成27年でした。


今年最初で最後の日記。

「これはブログじゃなくて、私の日記である。
しかし、最近は日記じゃなくて、月記になってきたなー
どうしましょ、そのうち年記になっちゃったら。。ははは」
なんて数年前言ってたら、ほんとに年記になっちゃった2015年。

あれは平成27年でした。。と後で言えるような
小さな、そしてきっと大事な、私らしい出来事が
今年も多々あった気がするけれど、


来年も
IMG_2291.jpg

そして抱腹絶倒満載な年にしよう
IMG_2296.jpg


今まで自分の成長ばかりに躍起になってきたけど、
もっとがんばんなきゃ、もっとガンバらなきゃ、と上ばかり見ていたけど

それよりも、もう成長しなくったって別にいいじゃないか。
私は私のままで、私の横にいる人たち、私の周りの世界にいる人たちに
もっともっと感謝の気持ちをもって
優しくしてあげられるようになる方がいいなーと思ったのでした。


四十路も半ばになり
そんなことに、今更気づいた2015年。
来年もみんなが健康で幸せでありますように。



posted by Luna Reina at 11:42| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

二〇一四


前回の日記から、ぶ厚い濃い夏と秋が過ぎて
今また冬になったけど、
今年をふりかえる。というよりも、
ここ数年をふりかえる。と言った方が今の私にはしっくりくる。
 
バルセロナにふられて』2011の日記
また会いましょ イベリアさん』2011年の日記


日本人なのに、母国での逆カルチャーショックなるものがまだ抜けきらず、
島国の日本から心が遠いところにある自分を責め、
本気でカウンセリングを受けた方がいいのか?
自分で気づいて自身で克服するしかないかも。。と思い悩んだ頃。
震災が起きて、自分だけのことにかまってられるとは甘かったのだ。とも。
せっぱつまっていた2011年。


就職活動は参ったけれど、
そしてそれが現実を目の当たりに厳しい風に当たるいい機会でもあったりしたけれど、
ようやく東京のひとらしく、生活が落ち着いてきて仕事もする毎日。
だけど、大きなポカをする。
たくさんの時間が流れて今思えば、たいそう価値の高い貴重なポカをした年。
楽しく甘く辛くしょぼい思いをしていた2012年。


でもって、2013年。『これじゃ駄目だ!』から這い上がろうと、
今の自分に必要じゃないことからはキョリを置いて、楽しいことからちょっと離れて、
以前からやってみたかった事に集中する。

日本の外に目が行き過ぎていて、
今住んでいる自分の国をあまりにもちゃんと見ていなくて、知っていなくて
だからパスポートは封印した。

国家試験勉強超集中2ヶ月半、事務所と家を往復するだけで
カリカリ日本事情・日本地理・日本歴史にどっぷり浸かった昨年の夏。
誰にも会わない孤独な空白な、そして意外にも楽しくはまってしまった時期を過ぎて、
その反動が、今の今まで続いており。
よくまあ、日本を東京を横に縦に出歩いた今年であったことよ。

P1040637 (1).JPG
今年も大好きな赤カメラとともに移動した。
◉今年の写真撮影枚数 約10.000枚。
◉今年読んだ本 珠玉の40冊。

◉カメラとジョギングシューズ持って旅した。あと5県で全都道府県制覇。
◉今夏に浴衣を4回着用。自分で着付けられるようになった。
◉PCをmacに変更。面白すぎるぞ、mac。
◉高〜い山に登った。また高山病になった。
◉小学・高校・大学のそれぞれの同窓会に行って楽しかった。
◉仕事をがんばった。(スペイン語は来年がんばる。)

◉呑んだ。
◉喰った。
◉喰って、呑んだ。
◉食い倒れ吞み倒し。

◉走った(平均100km以上/月)。
◉転んだ。
cherry.jpg
山形のさくらんぼマラソンの日、私の前を走っていたシュールな婆さん。

◉学んだ。
◉気づきがあった。
◉ちょっとだけ泣いた。
◉笑った。大笑い。



気づいたら、日本の生活に密着して楽しくて大好きになっていた。
もう、何処だって大丈夫。
4年前とは明らかに違うこの感覚。
今は、「日本でがんばらなければならない。」などという
せっぱつまったものはなくなって、やっと普通の感覚になって逆に自信がついた。
これは今年の大きな収穫。

直接的間接的、わたしの周りにいるひとたちのお陰です。
ありがとう。

外をほっつき歩いているばかりで
椅子にまとまって長時間座るようなことはほんの僅かであったから
なんとこの日記、今年で2回目。
あくまでも細く長く楽しく続けよう、はぽん通信はそれでいいのだ。


今年もお世話になりました。
来年もよろしくね。
44.JPG







posted by Luna Reina at 22:38| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

革命の日6/1 〜はぽん一長い日記、とは言えないもの〜


小学生の頃から、夏のはじめの第一日目を
自ら "革命の日" と称して肝にメイズ。

今迄何を肝にメイズっていたのかなー?

夏が終われば、9/1に私は年を寄る訳で、その前に
「この夏の3ヶ月間燃えるよ!」
と飽きもせず毎年同じことを考え、平成26年も同じ。
明朝、あさごはんを食べれば誓いも何もかも
忘れてしまう性分を何とかしないとねえ。。。

しかし、今回、はぽん通信始まって以来の長期間日記をさぼる。


IMG_9162.JPG
いたずらにこんなものを描いてさぼっていた。三日坊主とは何ぞや。。


IMG_9164.JPG
と、思っていた。
私の唯一の、外界とつながるコンピユーターが
あんまり調子良くないという理由もあったが。



書けない時は書けない! から、書かない!   のだ。



だからと言って私の生活・夢・希望に変化があるとは思えず。
変化がない、とは相変わらずでありがたいことではあるが、
さほど成長も見られない、と言うことでもある。



20140105(001).jpg
30人近くで新春走。銭湯入って、うんまい鰻とともに消え去ったのは
4本の一升瓶。しかも瞬間に。あっという間に。
こういう事実が妙に居心地がよい。



20140105(008).jpg
お色直し後の東照宮。



IMG_9035.JPG
実家の玄関。『平穏無事に、ありがたい、と思って生きる。』



IMG_9220.JPG
今冬は雪がどっさり天から舞い降りた。
我が家のバルコニー。洗濯物干し。


通訳案内士の試験、通る。


IMG_9204.JPG
相変わらず、周りには葡萄酒と友人とおいしいもの。



IMG_9347.JPG
東京マラソンの日。
望遠レンズの扱いと、走る被写体に振り回された日。



027_P3225508.jpg
そんなアタクシを誰かが撮ってくれた。
皆さん、いつもありがとう。撮らせてくれて。
私がそうそう、我を忘れて何かに没頭する、ってないからね。



20140311(011).jpg
妙に"東京の坂道”が気になる。
坂道研究の本を、図書館で借りてまではまる。

20140330(002).jpg 桜坂
結局、その本は、この日雨に濡らしてまで持ち歩き、持ち走り、ボロボロになり、
結局自分のものにならざるを得なくなる。
同じ本を購入し、図書館に深いお詫びとともに返却。



20140319(009).jpg
春の訪れとともに、軽口叩き合ってる同僚と
しおらしくピンクを呑む。


007_IMGP3644.jpg
剪定。私をとことん困らせる剪定。


IMG_0598.JPG
植樹。
海を渡って、ラテンアメリカに今は巨大な日系人社会を作り上げた
初期の日本人の気持ちだったよ。



20140419.jpg
ボーナスが出たので、日頃お世話になっている実家へ今更お年玉。



20140428(001).jpg
トウキョウタワーの真下のレストランでランチ。
日本語以外の言語がたくさん聞こえる。



IMG_0398.JPG
同僚と、オフィスのものを使って撮影会。
モデルが良かった。



IMG_0918.JPG
私は3kmという短い距離の担当だったが、
かえって自分のペースが掴めなく、後で息切れ。
よう、わからん。
分からんのは、カメラもワインも人生も同じ。
何もかも奥深くて、よう、わからん。


20140510(005).jpg
石巻を再び訪れる。

20140510(006).jpg
消えかかってる商店街。

20140510(008).jpg
ヘドロまみれだったお茶袋を延々拭いた、あのお茶屋。


20140510(010).jpg
水や電気がなんとなく戻ってきたばかりの震災1ヶ月後。
私は9日間、ここにいた。

20140510(012).jpg
ちょっといりくんだ路地を入り、うん、覚えてる。
ここに駄菓子屋があった。
今、何人かの小学生が楽しげな声をあげている、店の中で。。
つい、入ってしまった。
 → この駄菓子屋のことhttp://plaza.rakuten.co.jp/lunareina/diary/201104240000/

客のふりして(客だけど)、駄菓子を物色しているうち、
なんだかどんどん目頭が熱くなってきて、
「うわー、すごーい!復活してる!」
私たちがこの店のヘドロ掻き出し担当になった時、すごい重労働だったもん。
すごかったもん。
臭くて、商品全部ダメで、何もかも捨てたもん。

お会計の時、ついレジのお母さんに話しかけてしまったら最後、
私はみっともなくわんわん泣いてしまった。
「まあ、そうだったのね。掃除してくれたんですね。ありがとうございました。」と。
「時計そのままなんです。」とも。
20140510(011).jpg

号泣するつもりなんぞ全くなかったが、いい機会だったので
石巻を訪ねることできて良かった。
こちらが元気もらえた。ありがと。



IMG_9286.JPG
たまたま色が思い通りに出た一枚。


IMG_9704.JPG
人生は舞台裏にある、って感じな気に入っている一枚。


IMG_1042.JPG
構図がストーリー的、と勝手に思っている一枚。


IMG_9063.JPG
自分の狭い家の中だけでも、はっと気づけば
いろんなカラーや表情があります、と思うのです。
日本島のトトロとイースター島のモアイのセッションとか。



IMG_9163.JPG
昨年は試験勉強一色で夏がなかったから、
今年は"夏"愉しも。
この夏の3ヶ月間、燃えよ。
これぞ、革命。


posted by Luna Reina at 23:58| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

はぽんyear 2013 シャットダウンしています。。。


日記はまめに書けないので
週記だ、月記だ、と ごまかしてきたけど
そんなこんなで7年目に入っている『はぽん通信』。


今年は、夏から一気に年末になった感じである。


太陽の下に出なかった今夏、
"色黒"の私は かなり日本人色の肌に近づけた。はずだ。
(しかし今だに 
外国の方?
何処の国のひと?
と、あらゆる場所で問われる。) 
   


少しだけ夏らしいこと。
IMG_3104.JPG



友人が本を出版。最高おもしろい!
29082013.jpg



麗しのソブリナと散歩。
IMG_3217.JPG
「早く来ないかな〜。」


IMG_3221.JPG
「ねえね! 電車来た!」



またひとつ、年寄り。
43.jpg



試験の出来がそれほどでもなかったので、
縺ソ縺。繧・P9212400.jpg
まっ、いっかー と投げ出す。


試験の様子 ⇒ 



彼岸花
nostalgia.jpg



ニッポンジンの実践ひとつ

IMG_3269.JPG
硯を彫る

IMG_3273.JPG
職人に指導していただく


IMG_3276.JPG
磨いてもらう


IMG_3279.JPG
清々しい硯と文鎮のできあがり


さっそく、模写。
IMG_3719.JPG

IMG_3718.JPG




平日は、東京の横断を真面目にやっていたが、
休日は、日本の縦断を真面目にやっていた。
やはり人間、実際に見なきゃ。感じなきゃ。

二次試験はぼろぼろであったので、
今から来年のリベンジに向けて、
"はぽん" を全てスペイン語で説明できるよう
まずは実際に私がこの目で見たい。感じたい。

IMG_3787.JPG


IMG_3894.JPG


IMG_4074.JPG
斎場御嶽(せーふぁうたき)


IMG_4316.JPG
白神山地 ブナ


IMG_4369.JPG
JR五能線の旅


IMG_4528.JPG
津軽三味線ライブ


IMG_4704.JPG
小京都・角館


IMG_5056.JPG
日本三景 宮島


IMG_5143.JPG


IMG_5150.JPG



今年は、今年しか出来ないことに集中しよう、
というつもりだったけど、
ふと 自分のやってることに自信が持てなくなったり、
不安になったり、無駄に思えたり、立ち止まってしまったり。
自分の人生は、自分にしか責任が持てないのに、
どうしよう、どうしよう、と血迷うことも多くて、
日本に帰ってきてもう4年以上が過ぎているのに
何もなってない!と焦るばかりで、
あっという間に今年も終わっちゃうじゃん!と。。。


ある日、ある友人に「楽しいから行こう!」とありふれた言葉で誘われて
本当に偶然のようにライブへ出かけた。

「オレタチハ、アルゼンチンカラキタ、オンダバガ〜」

ニッポンの東京オリンピック開催決定に湧くブエノスアイレスを
一寸の差で日本に向けて飛び立った彼らたち。

なんとなく、ライブ前は疲れていたから、
ほどほどにして帰ろうと思っていたのに、
ライブ会場を出た時には、
エネルギーが身体に満ち溢れるとはこういうことなんだなー
っていうくらいに元気になっていて。

揃っているのか揃っていないのか
分かりかねるユルさが好き。
忌野清志郎さんの 『Day Dream Believer』も
日本語で歌ったりしちゃうのだ。
しかも既にステージ上で、たどたどしい日本語で
「オ・モ・テ・ナ・シ」とやっていた。

本当に楽しかった!!


既に彼らの曲40曲以上を覚え、
歩くときも、走るときも、ご飯つくるときも、いつでも聞いている。
今年最後の3カ月間はこれに尽きる。ONDA VAGA
人間、好きなものって大切だなー。
(ニッポンを大好きな外国のひとは実に多い。
オンダバガみたいな楽しいひとたちに日本をガイドしたいものです。)
一見関係なさそうな私の喜怒哀楽が、すべて一本の線でつながっている。
悩んでいるのがアホらしくなってくるな。


来年も単純に行こう!


óol container015.jpg




posted by Luna Reina at 00:53| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

墨絵

IMG_3712.JPG




posted by Luna Reina at 14:20| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

サイハ ナゲラレタ




『何でも思い切ってやってみることだ。
 どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、
 骨となって一生を終えるのだから。』


坂本竜馬さんの言葉だって。






1 (3).JPG



えいやっ



あともう少し。








secreto.jpg








posted by Luna Reina at 21:26| 其の他 想うところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

FUJIYAMA


きょう、ユネスコの世界文化遺産に登録された
我がはぽんの誇り高きモンターニャ。
あたしは嬉しい。



モノゴコロついた時から 彼はいつもそこにいた。

実家のベランダからは 天気のよい日は彼の頭が見える。
冬のきんとした 冷たい朝の白い頭は、特によい。


10代の頃、初めて新幹線に乗って
窓から見えた あの近づいて遠くに去っていた姿に
ドキドキしたことよ。


20代、女ばかり8人で御来光を拝みに登山を決意。
8合目で見事にマウンテンシックにかかった私に彼は厳しかった。
下山。
が、山頂まで登りつめた友人たちが、
頂きにある神社で買ってきてくれたお守りは いまだに私の宝物。
(いつかリベンジ)


30代、私を乗せた船が世界の海をなぞって
数ヶ月ぶりに、日本の海域に戻ってきたときの
あの左手に見えた、雪をかぶったフジヤマが今までで一番恐れ入った。

東南アジアの市場じゃなくて、
アフリカの乾いた大地じゃなくて、
ヨーロッパの古い街並みじゃなくて、
ラテンアメリカの生活でもなくて、日本の青い山。
うおっ、あたし、日本に帰ってきた、ってほんとに思った。
姿の美しい山だな。
美人だな。
"彼"じゃなくて、あれは"彼女"なのではないかしらん。


そして今40代、自分に流れる日本人の血を思う。


IMG_0730.JPG

これは今年の2月に撮ったもの。
世界遺産登録 めでたいな




posted by Luna Reina at 19:00| News / 環境 / 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする